土地活用

土地活用

土地活用=アパート経営という時代は終わりを告げ、法人・個人を問わず、現在の資産状況(土地、建物、金融資産等)を分析し、現在から将来に向けて、 活用する土地の最有効使用(活用)を選択することが大切な時代になりました。

ここでは土地活用の種類と一般的なメリット、デメリットを解説し、これからの時代のニーズに合った土地活用方法をご紹介いたします。

土地活用の種類

アパート経営

メリット
  • 固定資産税・相続税・所得税の面での節税効果を期待できる
  • 高齢者の単世帯については増加傾向
デメリット
  • 将来的な人口減少により賃貸物件が供給過剰となる
  • 定期的な大規模リフォームや時代に合った間取り変更等が必要

コインパーキング

メリット
  • 少ない投資金額で事業を開始できる。また、大手各社の駐車場管理パッケージシステムが充実している
  • 土地の転用や更地への復旧がしやすい
  • 狭小地や変形地でも可能
デメリット
  • 固定資産税が居住用に比べ6倍となる

ロードサイド店舗経営

メリット
  • 地域によって駅前などの既成市街地から車での利用がしやすい幹線道路沿いへお客様のニーズが変化
  • 管理業務の負担が居住用よりも比較的少ない
  • 相続税、所得税の節税効果を期待できる
デメリット
  • 店舗業種によっては店舗どうしの競争が激化
  • 業態によっては高い建築コストがかかる

介護施設

メリット
  • 高齢化により需要の増加
  • 運営形態によって行政の補助金等を利用可能
  • 社会的貢献度が高い
デメリット
  • 介護保険制度の将来的な動向が不透明
  • 行政の許認可期間が長期
  • 地域によって介護関連施設の競争が激化

医療施設

メリット
  • 地域医療の充実に貢献
  • ドクターの開業費を圧縮できることにより経営が安定。空室のリスクを低減
デメリット
  • 開業希望ドクターの確保
  • 患者のアクセスや利便性がよい立地が必要